FC2ブログ
2020/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
明けましておめでとうございます。
新しい年になってからお天気が続いております。今日も気持ちよく晴れました❢
流石に風が冷たいですね。明日は寒の入りでございます。
私の寒水行も始まり20日までの2週間、浄行水神明王さまと一緒に水行をさせていただきます。
昨年は手術をしたので水行はいたしませんでした・・・なんだか久しくしていなかったように感じます💦

本日は結社 初祈祷会でございます。お天気で嬉しい❢雪だったり、大雨だったりと結構辛かった時が多いように思います。
でも何事もなるようになると言う事ですね(^-^)/

令和2年初祈祷会

良い年になりますように
新しい年になります。
色々な事があったけれど家族が皆元気で過ごせました事に感謝。子どもが合格しました。取り敢えず自分の目標に向かっていきます。・・・・等々。たくさんの想いが巡りますね。
たくさんの令和2年が皆さまにとって最良の年となりますように。  いのちに合掌(^-^)/


蝋梅


いのちの日
寒くなりましたね。でもこの季節では当然の気温なのですね。
今日は、普段私たちが命をいただいている動植物に感謝をし、又私たちに癒しと思い出をくれたペット達を想い
お経を手向ける日です。
あいにくの雨ですが、心を温かくしてお参りください。
🌸🌸🌸🌸
「いただきます」の「いただく」は、神様にお供えしたものを食べるときや、位の高い方から物を受取るときに、頂(いただき。頭の上)にかかげたことから対し、「ごちそうさま」ですが、これも「いただきます」と同様に仏教徒の行儀作法から来ました。
”いただきます”の意味
食材である生き物の植物や動物の命を絶ち調理し、それらの命をもらって、それを食べる人間が自分の命を維持し生存することの感謝を表し、命を時間と捉えるなら、調理される方の命の時間も頂いていることになりますよね。
動物であれ植物であれ、皆生命を持って生きている生物であり、人がそれを食べるということは、生き物の生命を絶つということを意味します。「多くの生き物を犠牲にして生きている」こと、偉大な自然への感謝の気持ちを表したものです。
いただきます・ごちそうさまは、料理を作ってくれた人に感謝し、食材を生産した人に感謝し、食材そのものに感謝する、人が人として生きていく上で、全てのものに感謝するという、日本古来の美しい伝統で文化だと思います。
大事にしたいですね。


いのちの日1


令和元年お会式
11月10日は、お会式でございました。
日々、忙しくしている檀信徒がこの日だけは、集まりお祖師様への感謝を込めお経を唱え、皆で語り合う。
そんなお会式を今年も厳修できました事、心から感謝いたします。

人は、ともするとお陰様での感謝の心を失い、自己中になっています。常に自分の内を観る事、とても大切ですね。
素直にどんな自分でも受け入れていくことが悟りへの近道だと思います。



IMG_1800.jpg
地球が大きく変わろうとしている・・・
私たちが暮らしているのは、地球という星です。この星は、これからどんな未来を迎えるのでしょうか。
こんな疑問を抱いている人が、どれだけいるのでしょう。
地球温暖化を自覚せざるを得ない時期を迎えています。オゾン層の破壊も刻一刻と進んでいます。
 地球の意思が働き、一部の地域で人口が減少しているとしたら、日本は地球から選ばれた国なのかもしれません。
 森林が伐採され、熱帯雨林が焼失しつつあります。砂砂漠も深刻化しているのですが、日本人にはなかなか実感がわきません。これからは気候の変動が長期化することでしょう。生態系も温暖化によって変化していくでしょう。
 私たちは、地球という星も又、この宇宙で暮らす生きものだということを忘れています。
 西南日本沖では陸地が成長して隆起し始め、東北日本沖では沈降しています。此の事を感じている人はいるのでしょうか・・・・
いつか、ふたたび海底で地滑りが起きる日が来る。そんな風に思えるのです。
 地球が人類への警告を発しているかのように異常気象がもう異常気象ではなく、当たり前になりつつあることに。
 温暖化は、休息してくれそうにありません。温暖化を防止する方法は勿論ありますが、森林はこれからも減少します。森林が伐採された土壌からは二酸化炭素が発生して、温暖化を増進させます。
 海では、人間が作り出したゴミが、大陸から数千キロも離れた島にまで辿りつきます。海も、人間が病気にしてしまったのです。
南極のオゾンホールは拡大を続けています。
 日本は、人口減少によって自然を取り戻す事でしょう。でも、多くの生き物たちが姿を消したことを忘れずにいてほしいのです。
地球が大きく変わろうとするこの時期に生まれてきた人たちが、何を感じ、何を学ぶかによって、地球の未来が左右されます。
未来が輝かしいものとなる可能性も、きっと残されていると信じたい。
地球の大異変は、間違いなく進行しています。
人間として、対策を考えないと、いつの日か、大異変は我が身に返ってきます。


20130901_210042_Android.jpeg

大きな屋根はありません。広い境内もありません。ここには、仏さまの慈悲があります。

山里

Author:山里
色々な事に興味を持って不器用だけれど拘わっていきたいなぁ❢

いい塩梅に歳を重ねて

山里

Author:山里
色々な事に興味を持って不器用だけれど拘わっていきたいなぁ❢

写仏・写経を一緒にしませんか?
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる