fc2ブログ

2012
03/27

仏生会・降誕会・灌仏会・花祭り(四月八日)

日記

お誕生日です

 釈尊のお生まれになった日で、十二月八日の成道会、二月十五日の涅槃会と共に三仏忌として各宗派で重んじられ、懇ろに仏事が営まれています。この時節はちょうど花の時節でもありますので、花御堂をこしらえて、中に誕生仏を祭り、甘茶をかけて祝う行事なのです。これは釈尊がお生まれになった時、八大龍王が甘露の雨を降らせて沐浴したという故事に則ったものです。

「花まつり」では、白い象をつくって子供達が引いたりもしますが、これはお釈迦さまのお母さんのマーヤ夫人が、白い象が胎内にはいる夢をみてお釈迦さまをみごもったという、その言い伝えにもとづいているんです。当時は白い像の夢は尊い方が生まれるしるしと信じられていました。
 生まれたばかりのお釈迦さまは、すぐに七歩歩かれ、右手で天をさし左手で地をさして「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」、この宇宙の中でただ我れ独り尊い、と声高らかに宣言されたといいます。これはもちろん「この世の中で自分だけが唯だ一人えらいんだ」ということではないですね。「人間としての大いなる自覚、大いなる悟りにおいて、我れよりまされる聖者なし」ということ、そして「この上ない最尊・最上の道は、誰の前にも平等に開かれてある」ということをしめされたのです。
 ところで、お釈迦さまが生まれてすぐに七歩歩かれたというのは象徴的です。「七」は「六」より一つ多いということ、つまり、迷いの世界をぐるぐるめぐっている六道輪廻の我々の世界を、すでに一歩越えられた人であるということを、その生まれにまでさかのぼり、誕生に託して示したわけです。 たったの一歩ですが、、何事もその一歩を踏みだすのが難しいんですね


花まつり

CM

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TB

トラックバック

http://terasabou-howsen.com/tb.php/170-3241646e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大きな屋根はありません。広い境内もありません。ここには、仏さまの慈悲があります。
悲しい事は半分に。嬉しい事は倍に。あなたのお話しお聞きいたします。 どうぞ、お尋ねください。

山里

Author:山里
色々な事に興味を持って不器用だけれど拘わっていきたいなぁ❢

ご朱印、受け賜わります。

写仏・写経を一緒にしませんか?

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード
QR