FC2ブログ
2020/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
感謝
今年も綺麗に咲いてくれました
重たい砂利の下から、気が付くと咲いているクロッカスの花です。けなげな様子がたまらなく大好きです明るい日差しに黄色の色は希望の色に見えます。
私は今その色を見ることができます。触れることもできます。その香りを感じることもできます。
当たり前のことがとても嬉しくて、感動いたします。仏さまの命の中での営みを感じることができる。

クロッカス。 クロッカス。

先日、隣町に抜ける道で一匹のワンコに会いました本当にガリガリで耳だけが妙に大きく目立ちました見た感じは、まだ若い感じです・・・・。なぜだろう・・・・。きっと一人寂しく“虹の橋のふもと”の国に行くのだろうなぁその時にそっと頭を撫でてももらえず、声もかけてももらえず、目線は宙をさまようのかなぁ・・・・そんなことを考えたら、たまらなく寂しく悲しくなってしまいました。頑張って欲しいで・・・・・・す

もうすぐ“花まつり”ですね。結社でも4月15日は信徒さんと一緒に“花まつり”をいたします

  お釈迦さまは二十九歳から六年間、難行苦行(難かしく苦しい修行)をしますが、それは苦悩の解決や世の中の救済にはならないと考え、ガンジス川の畔のピッパラ樹の下で坐禅をなさり、思考を深めて菩提(悟り)を開かれました。したがってこの木を菩提樹と呼びます。
 菩提樹は大木で、ハート形の葉っぱを茂らせ、暑いインドでは快適な木かげをつくります。また黄色の小さい花をいっぱい咲かせ、種子は数珠にも使います。 


Secret
(非公開コメント受付中)

大きな屋根はありません。広い境内もありません。ここには、仏さまの慈悲があります。
悲しい事は半分に。嬉しい事は倍に。あなたのお話しお聞きいたします。 どうぞ、お尋ねください。

山里

Author:山里
色々な事に興味を持って不器用だけれど拘わっていきたいなぁ❢

写仏・写経を一緒にしませんか?
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる