FC2ブログ

2015
08/29

東京から、アクアラインの金田料金所で下り、結社に帰る道。見慣れた風景の筈が…。何となく変です!
視界が開けている。…山が無くなっていく!そうこの間までそこにあった山が無い。緑色の皮を剥がされ山肌の茶色が痛く感じます。
その山にずっと繋がって生きてきた命有るものは…?行き場を失ない、行き場所を求めて里へ下りてきては、農作物を荒らすと追われ。
私たち人間が、己の首を自分の手で絞めている。
以前聞いた『山が無くなると気の流れや水の流れ。風の流れが変ってしまう。』この言葉がずっと残っている。
そこに山があったから台風の被害が少なかったかもしれない。
とても寂しさを感じました。
やがてそこに山があった事も忘れてしまうのかな。


裏参道




大きな屋根はありません。広い境内もありません。ここには、仏さまの慈悲があります。
悲しい事は半分に。嬉しい事は倍に。あなたのお話しお聞きいたします。 どうぞ、お尋ねください。

山里

Author:山里
色々な事に興味を持って不器用だけれど拘わっていきたいなぁ❢

ご朱印、受け賜わります。

写仏・写経を一緒にしませんか?

最新トラックバック

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード
QR